フロアコーティングをするメリットとは

フロアコーティングをするメリットとは

高校や専門学校でワックスがけをした事があるのですが、やはりワックスがけをするのとしないのとでは見た目の綺麗さや滑りも違います。

同じように、家の床がフローリングの場合は何らかのコーティングをしているところが多いです。

ではフロアコーティングをするメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

家の床も市販のワックスで綺麗にする事も可能ではあるのですが、市販のワックスだとすぐに剥がれてきてしまうというデメリットがあるのに対して、アクリルやシリコンなどの溶剤を塗るフロアコーティングの場合は何十年も効果が続くのです。

ですから、ほとんどの業者の保証期間は20年~30年です。

床をコーティングするメリットは見た目が綺麗という事や効果の持続期間が長いという事だけでなく、普通フローリングだと水拭きは駄目なのですが水拭きが可能になり、床がツヤツヤ光っていると照明の光に床が反射して部屋が全体的に明るくなったり、一見滑りやすいのではないかと思いますが、転倒防止効果があるのでお子さんと高齢者も安心など様々なメリットがあるのです。

・フロアコーティングをするのに広さにもよりますが、一回10~40万円ほどするので簡単にするかしないかを判断するのは難しいですよね。

しかし、コーティング費用が高額であってもワックスがけでなくフロアコーティングを選ぶ家庭が多いようです。

なぜ安いワックスではなく数十万ほどするフロアコーティングを選ぶのでしょうか。

ワックスを使用する場合は、1回に1時間ほどの時間がかかります。

また、持続期間が3~4ヶ月なのでツヤを持続させようとすると年に4回ほどのワックスがけが必要になります。

それを20年続けたとして単純計算をすると、ワックスがけに20年で80時間を使うことになります。

一方、フロアコーティングの場合は1回かけてしまえば20年~30年効果が持続できますし、自分たちが床のコーティングにかける時間はゼロです。

金額は少々高めですが、何と言っても時間を節約できる点は何よりのメリットではないでしょうか。

床コーティングは他にも様々な魅力があります。

品質重視のフロアコーティング

こちらのサイトではメリットがいくつも紹介されているのでチェックしてみてください。